デイサービスとデイケアの違いは?

香川介護求人センターTOP › お役立ち情報 › デイサービスとデイケアの違いは?

デイケアとデイサービスの違いと資格について

 

介護サービスは、施設に入居を必要とするものと、しないものに分類されます。入居を必要とするものとしては、老人ホームや高齢者向け住宅などがあります。これに対し、入居を必要としないものにはデイサービスやデイケアなどがあります。

「通所サービス」とも呼ばれるデイサービスとデイケアは、どちらも日中の一定時間の間、施設内でさまざまな介護サービスを提供しています。このふたつの名前は似ていますが、そのサービス内容やサービス目的は大きく異なります。似通った名前のために混同されやすいふたつのサービスには、どういった違いがあるのでしょうか。

■通所でお仕事をお探しの方は⇒こちらから


デイサービスとは?

デイサービスは、介護保険サービスで「通所介護」という名前で呼ばれているサービスです。
引きこもりがちになる高齢者の外出や社会交流を目的とし、利用者は日中の一定時間施設に通い、食事や入浴、機能訓練といった介護サービスを受けます。利用者は、老人ホームなどに入居するほど重度の要介護状態ではないけれども、在宅介護をしてくれる家族の負担を軽減したいといった理由で利用することが多いといわれています。

【デイサービスの1日(例)】

9:30    送迎車により施設に到着
10:00  健康チェック
10:30  入浴
12:00  昼食
13:00  食後のリラックスタイム
14:00  レクリエーション活動
15:00  ティータイム
15:30  クラブ活動
16:30~ 送迎車により自宅に到着

 

【デイサービスの仕事内容と資格について】

  • 運伝免許
  • 介護職員初任者研修

を持っておくと良いでしょう。なぜなら、介護士としてデイサービスに勤務する場合、主に生活に関する介助が主体となりますが、送迎時に運転手を兼務する場合もありますので、運転免許は持っておくと有利になります。特に小規模のデイサービスでは職員の人数も少ないため、職員が運転手として送迎に向かうケースが多いです。逆に大人数のデイサービスでは、運転手を専門的に雇用している場所もあります。
入浴介助や脱衣介助、排泄介助、レクリエーションの進行食事介助、連絡帳などの記入など、介護職が中心となってデイサービスを進行させますので、介護の基礎を学べる介護職員初任者研修の資格を持っておくと有利です。


デイケアとは?

デイケアは介護保険サービスで「通所リハビリテーション」と呼ばれているサービスです。
利用者が日中に一定時間施設を利用するという点ははデイサービスと同じですが、利用者の目的は介護サービスをうけることではなく「リハビリテーションをうけること」となっています。リハビリテーションサービスとは、入浴や食事といった生活介護サービスではなく、機能の回復に重点を置いたサービスです。身体機能の維持や回復、認知機能の改善、日常生活の回復を目的としてます。ただし、デイケアで食事や入浴といったサービスが受けられないかというと、そういうわけではありません。あくまでもリハビリテーションが主目的であるため、サービスが簡素化されていることはありますが、一通りの生活介護サービスをうけることができます。

【デイケアの1日(例)】

~10:00 送迎、来所
到着した方から健康チェック(体温・血圧測定、体調確認)
9:45~   ラジオ体操
入浴や個別リハビリテーション訓練、運動レクリエーション、
脳活性レクリエーション等を実施
11:30  食前の体操(口腔体操を中心に)
12:00  昼食
13:00      午後の体操(身体の体操を中心に)
13:30      入浴や個別リハビリテーション訓練、運動レクリエーション、
脳活性レクリエーション等を実施
趣味活動(囲碁・将棋・麻雀、編み物等)
14:45  おやつ
15:00  帰りの準備、帰りの体操
15:30~ 送迎、帰宅

 

【デイケアの仕事内容と資格について】

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 福祉レクリエーションワーカーなどの資格等

を持っておくと便利でしょう。なぜなら、デイケアの場合は、看護師、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが中心となって、リハビリを主としたサービスを提供します。
もちろん介護度によって状態は異なりますが、介助が必要な場合や、入浴、排泄介助などは介護職が主となって行いますので、介護福祉士や介護職員初任者研修を持っておきたいところです。またリハビリに関して介護職がリハビリ補助を行ったり利用者さんの様子を見ながら状態を看護師などに報告します。
レクリエーションもリハビリを兼ねた内容が多いことから、福祉レクリエーションワーカーなどの資格を所持しておいてもよいかと考えます。


デイサービスは介護職の人数も多く、看護師の人数は比較的少ないです。逆にデイケアは介護職の人数はあまり多くなく、看護師や理学療法士、作業療法士など医療関係の人数が配置されています。

  • 介護士として利用者さんへの生活援助をしていきたいという方はデイサービス

  • 介護士として医療従事者とともに利用者さんの身体機能のリハビリを援助していきたい方はデイケア

を選ばれてみてはいかがでしょうか?